【上田式】腰痛革命プログラムは人気書品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが 、東洋医学の第一人者でもある福辻鋭記先生の腰痛改善ストレッチ「福辻式」です。
健康雑誌等にも既に多く取り上げられるなど、多くの方の辛い腰痛が改善されおり、自信を持ってお勧め致します。

今なら、返金保証もありますので、一度参考にされて見て下さい。

筋筋膜性腰痛の痛みを治すストレッチ

筋筋膜性腰痛の痛みを治すストレッチをご存じですか?
筋筋膜性腰痛の痛みの症状には個人差があり、患部によって様々ですが、通常は腰を曲げると痛むことが多いようです。

 

 

骨盤と腰椎の付け根(腸腰靭帯)が常にい緊張して、そこが炎症を起こしており、老若男女を問わず起こりますが、最も多く見られるのが細身で筋力が弱い20代女性です。
原因の多くは、日頃の姿勢の悪さにあり、長時間のパソコン作業などのデスクワークやハイヒールの常用など、筋肉が硬くなり痛みなどの症状が起きやすくなります。

 

 

また、良くマッサージなどに行く人もいますが、この場合は逆効果になることもあります。本当なら痛みを散らすようにすればいいところを、マッサージをすることで深部にまで入ってしまうため、慢性腰痛になってしまう可能性があります。

 

 

そして、筋膜などの神経細胞の再生を促すには、揉んだりするよりも、さするようにしたほうが良いと言われています。
したがって、腰を曲げると痛みが激しい時は、肩幅に両足を開いて立った状態で、お尻に両手を広げて当て、腰にしわを作る感じで1分程度皮膚を上げるようにストレッチすると効果的です。
これを朝晩に1分間程度ずつリズムよく、上げて戻すようにします。

 

 

また、顔を横に向けて、うつ伏せの姿勢になり、腰をリラックスさせたまま、両肘をそれぞれの肩の下において、肘をたてて上体を支え、3分程度そのままの状態を保つようにします。
これらのストレッチは、負荷が少なくとても簡単なものです。

 

 

あまり負荷の激しいストレッチを行うと、炎症が悪化することもあります。ですが動かさないでいると患部周辺が硬化して慢性的な腰痛になるので、負荷のない簡単なストレッチがお勧めです。

 

 

更に、腰を反らしても痛い場合は、お尻に当てた両手のひらで上だけでなく、下にも皮膚をずらすように逆方向でも行うようにします。この場合は、肘を立てるストレッチは行わないようにしましょう。
なお、間違った処置や何もしないで放置すると、腰部椎間板症などの原因胃なることもあるので、早めに治しておくことが大切です。

 

 

なお、この【上田式】腰痛革命プログラム(DVD)では、慢性腰痛、筋筋膜性腰痛向けのストレッチ(エクササイズ)があり、骨盤と仙骨が正しい位置に落ち着き、腰回りの余分な力を抜くことができる左右のバランス体操や腰回し運動、腿の前後の筋肉をほぐして、骨盤の動きがよくなるハムストリングのトレーニング、腰の緊張をほぐすアキレス腱のストレッチがあり、症状別に根本から痛みを改善することが可能です。

 

腰痛の原因から根本改善する治療法

 

自宅で簡単なストレッチで腰痛を改善する方法の詳細を見てみる