【上田式】腰痛革命プログラムは人気書品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが 、東洋医学の第一人者でもある福辻鋭記先生の腰痛改善ストレッチ「福辻式」です。
健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い腰痛が改善されおり、自信を持ってお勧め致します。

今なら、返金保証もありますので、一度参考にされて見て下さい。

腰痛は腹筋の強化と背筋のストレッチが効果的

慢性的な腰痛は腹筋の強化と背筋をストレッチで強化すると改善や予防に効果的なのをご存じでしょうか?
腰痛のある方は腹筋と背筋はが衰えている人が多いと言われており、特に、背筋はガチガチに張っている人も多いものですね。

 

 

腰痛は内臓疾患や骨の異常、精神的な理由によるものなどの根本的な治療を必要とするものもありますが、慢性腰痛の多くの方は、運動不足などが原因で、腰椎を守っている筋肉の柔軟性や筋力の低下することで腰が痛むようになるのです。

 

 

そもそも慢性的な腰痛は、加齢に伴って筋力や柔軟性は失われていくのに加え、立ち仕事やデスクワーク等の座り仕事など、同じ姿勢を長時間続けたり、悪い姿勢をすることで血行が悪くなり、筋力や柔軟性が落ちることが原因で、普段から負担をかけている背筋が限界を超えると腰痛を起こしやすくなるのです。

 

 

こうした腰痛に悩まされている人は、有酸素運動が改善や予防に良いと言われています。
有酸素運動とは、ゆっくりと持続的に呼吸をしながらする運動で、ジョギングや水泳などがあり、最も身近なのが歩くことでしょう。
15〜20分程度ほど歩くと体も温まってきます。

 

 

とは言え、ただ歩けば良いという事ではなく、前方に視線をまっぐに向けて、腕を90度に曲げて、きびきびとリズミカルに手を振りながら背筋を伸ばし、歩幅は大きく早足で歩くというように、正しい姿勢で行うことが大切です。
痛みや体力に問題がないようなら試してみると良いかも知れませんね。

 

 

ジョギングなどの有酸素運動は、患部の血行を良くして痛みを和らげたりする効果が期待出来ますが、治療と言う点ではもっとも効果があるのがストレッチ等のエクササイズでしょう。
それには、腰椎と腹筋、背筋には深い関係があるからです。

 

 

そもそも人間の腰椎は、体重を支える為に軽いS字形になっており、腰椎はS字の下のカーブのところになりますが、ここを支えているのが腹筋や背筋なんですね。
お腹が出てくるなど肥満になって腹筋が弱くなってくると、お腹の中の圧力が下がり、背中が前に曲がり腰椎の前湾が酷くなり、これが腰痛の原因になります。

 

 

実際に、妊娠してお腹が大きくなってくると、腰椎の前湾が酷くなることから、子供を持つお母さんに腰痛に悩む人が多いものです。

 

 

しかし、腹筋が強ければ、お腹の圧力は上と下にかかり、腰椎を軸方向に支持する力が働きます。したがって、腰椎が変形しないよういするには、腹筋や背筋の筋力が大切になってくるのです。
このことから、腹筋と背筋の強化が腰痛の改善や治療には効果的と言えます。

 

 

更に、それに加えてお尻(臀部)の筋肉、太ももからふくらはぎにかけての下肢筋をスクワットで鍛えるようにすると、腰痛の予防にはより効果的です。(腰に痛みがある時は逆効果になりますので、腰の痛みがとれてから行うことが大切です。)

 

 

この【上田式】腰痛革命プログラム(DVD)では、+5センチの大またウォーキングなどの、どんな腰痛にも共通して行って頂けるストレッチ等の簡単なエクササイズがあり、ひとつずつ毎日繰り返し行って習慣にすることで、一生モノの腰痛予防になります。

また、腰椎変形症で腰自体が変形してしまい神経に触り、周りに痛みがある人には、姿勢の改善、腹筋を鍛えるストレッチ等もあります。予防にはスクワットなどもあり痛みを取り除き、根本から改善・予防することが期待できるでしょう。

 

腰痛の原因から根本改善する治療法

 

自宅で簡単なストレッチで腰痛を改善する方法の詳細を見てみる