【上田式】腰痛革命プログラムは人気書品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが 、東洋医学の第一人者でもある福辻鋭記先生の腰痛改善ストレッチ「福辻式」です。
健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い腰痛が改善されおり、自信を持ってお勧め致します。

今なら、返金保証もありますので、一度参考にされて見て下さい。

産後の腰痛の原因とストレッチ

産後の腰痛でお悩みではありませんか?
実際に子供を産んでから酷い腰痛で悩まされているという人も少なくありませんね。

 

 

そもそも産後の腰痛が多いのは、は骨盤をはじめとした体の歪みが大きな原因と言われていますので、ストレッチで体の歪みを整えることが大切です。
人間の体は、骨格に歪みが生じたら、それを補おうとして他も歪ませて体のバランスをとろうとすることから、出産で骨盤が歪むと、脊柱や股関節などを歪めてバランスをとろうとして体が歪んでくるのです。

 

 

更に骨盤は、複数の骨が組み合わさって出来ており、動きやすいと同時に歪みやすい性質を持っているのです。
特に女性の場合は、出産に対応する為に男性の骨盤に比べて広がりやすくなっており、出産後の骨盤はかなり傷ついています。

 

 

また、骨盤の歪みはその中に納まっている子宮や卵巣、大腸、小腸、膀胱などの、多くの臓器の働きを妨げてしまいます。その上、骨盤周りの筋肉のバランスを崩し、血液やリンパの流れも悪くします。
これが産後の腰痛などをはじめとした様々な体の不調の原因となるのです。

 

 

更に、産後は育児などで悪い姿勢をとりやすくなるものです。
授乳や赤ちゃんの抱っこなどの育児の姿勢を一つとっても、悪い姿勢で行えば筋肉などが歪んできます。

 

 

実際に、あぐらや横座りをすると骨盤が更に開いたり傾くようになり、腰痛の原因にもなります。
当然、その姿勢で授乳などで赤ちやんを抱っこすると、背中が丸くなって腰痛が起きるのは当たり前でしょう。

 

 

抱っこする時の正しい姿勢を作るには、お腹を引き締めて胸を引き上げるようにして、赤ちゃんのお尻をお母さんの胸に合わせるようにして抱っこをすれば、姿勢も良くなり腕なども疲れないので腱鞘炎などの予防にもなりますね。
このように育児で正しい姿勢を保つようにするだけでも、腰痛の予防には効果的です。

 

 

また、産後の腰痛改善のストレッチとしては、足を肩幅くらいに開いて腰に手を当てて、お尻で「8の字」を書くように骨盤を左右に動かすと腰痛改善効果が期待出来ます。この時に腰だけでなく、背骨や膝も使って柔らかく動かすのがコツです。
これを1回あたり1〜2分程度行なってみて下さい。早ければ2〜3日で効果が表れるかもしれません。

 

 

いずれにしても産後の腰痛は、筋肉疲労と育児などの生活習慣上の悪い姿勢によって骨盤の歪みが原因と考えられるので、その両方をを同時にアプローチしないと、腰痛の根本からの改善は難しいでしょう。

 

 

この【上田式】腰痛革命プログラム(DVD)では、身体の歪みをとるストレッチをはじめ、悪い姿勢を見直すとで、産後の腰痛を根本から改善することが期待出来ます、

また、子育てや家事など腰の筋肉を酷使したために発生する急なハリや痛みを鎮める為の、とっておきの方法や、ご質問の多い骨盤ベルトの選び方と締め方についても、効果を最大限に得るための独自ノウハウをお伝えしています。

 

腰痛の原因から根本改善する治療法

 

自宅で簡単なストレッチで腰痛を改善する方法の詳細を見てみる