【上田式】腰痛革命プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが 、東洋医学の第一人者でもある福辻鋭記先生の腰痛改善ストレッチ「福辻式」です。
健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い腰痛が改善されており、自信を持ってお勧め致します。

今なら、返金保証もありますので、一度参考にされて見て下さい。

腰椎分離症の原因と治療

腰椎分離症の原因と治療法をご存じですか?
腰椎分離症は、比較的若い人に多く見られる病気で、腰椎の半分後ろは椎弓といい、構造がリンク状になっています。、ここが過度のスポーツなどの運動を度重ねて行うことで負荷が積み重なり、疲労骨折を起こし、骨が最後には分離してしまうことです。

 

 

そして腰椎分離症は、第4、5腰椎で最も多く起こります。
ですが、全ての人に自覚症状が出るというわけではなく、この状態で、更に腰への負担を増やし、負荷を加えることで腰が鈍く重苦しい痛みが続くようになるのです。

 

 

特に腰椎分離症は、成長期の人に多く見られ、直接の原因が怪我などが関係しているわけではなく、繰り返し野球やサッカーなどのスポーツ等の練習で腰椎を回したり、反らしたりと激しい運動をしたりすることが腰椎分離症の原因です。

 

 

激しい運動をしている子供が急に腰の痛みを訴えたら、この病気の可能性が高いでしょう。また、大人でも5%程度の人に見られ、とりわけスポーツ選手に多いです。

 

 

初期段階で適切な治療をすれば、数か月程度で回復が見込めますが、治療を行わないで放置していると、椎間板の変性が加齢などによって加わると、症状が進行して腰椎すべり症を発症してしまうことがあります。
腰椎分離症を予防するには、運動を1日に2時間程度にしたり、週に1〜2日程度は、休むようにしたほうが良いでしょう。もし、腰椎分離症の自覚症状があるようなら、無理をしないで激しい運動はしばらく控えて安静にすることが大切です。

 

 

痛みが強い場合は、痛み止めとして消炎鎮痛剤を使い、脚やお尻に痺れがあるようなら、筋弛緩剤で筋肉の動きを和らげたり、末梢血管薬を服用して血行を促すこともあります。
ですが、このような対症療法を行っても、症状が改善されない時は手術を考えます。一般的には、不安定な椎骨を特殊な器具で固定する椎骨固定術が行われます。

 

 

なお、腰椎分離症は10代で起こりますが、それが原因で少しずつ<腰椎すべり症に進行していく場合があるので、痛みが落ち着いてきたら腹筋や背筋などを強化するストレッチなどの運動療法を少しずつでも実践していくことや、正しい姿勢や動作を心がけることが治療には大切です。

 

 

手術ではなく生活習慣の改善やストレッチで良くすることが可能です!

 

自宅で簡単なストレッチで腰痛を改善する方法の詳細を見てみる