【上田式】腰痛革命プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが 、東洋医学の第一人者でもある福辻鋭記先生の腰痛改善ストレッチ「福辻式」です。
健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い腰痛が改善されており、自信を持ってお勧め致します。

今なら、返金保証もありますので、一度参考にされて見て下さい。

腰痛持ちの寝具選びのコツ

腰痛に意外と影響するのが布団や枕などの寝具ですね。夜、寝ている間に腰痛を良くも悪くもするのが寝具です。
個人差はありますが寝返りは一晩で30回前後打ちますので、ふかふかの布団や軟らかいマットレスは、寝返りの度に本来は必要のない力を使うことになり、睡眠で十分に疲労がとれないばかりか、腰にも良くありません。

 

 

やわらかい布団に仰向けで寝るとお尻(骨盤)と背中が沈み込み、背骨がW字型になり腰や肩に無理な力がかかってしまい、腰の部分が前に湾曲する腰椎の前湾を強くしてしまいます。
また、横向きで寝るのは、背骨が左右へ歪む側弯が生じやすくなります。

 

 

寝る時の姿勢は仰向けが理想ですが、腰の痛みがある時は、横向きなど楽な姿勢を探して寝るようにすれば良いでしょう。そして、腰をいたわるには、どちらかといえば硬めの布団やマットレスがお勧めです。

 

 

とは言っても、硬すぎるものも腰には良くないので、仰向けに寝た時に、お尻が2cm程度沈む位の硬さがあり、通気性や吸収性、保温性があるものを選ぶようにすると良いでしょう。
また、腰痛がある人は硬めの寝具を使っている人が比較的多いのですが、毛布などを下に敷くなどして、少し柔らかくして寝るようにすると良い変化が出てくるかもしれません。

 

 

また、枕は頸椎から背骨に負担がかからないように寝るのがい良いと言われています。
高すぎる枕は、頸椎の曲がりが強くなり、関節包や靭帯が伸びた状態になりやすいので、個人差はありますが9〜10cm程度の高さの枕が理想でしょう。
なお、布団や枕等の寝具を変えた際には、一晩だけでなく2〜3日使ってみて体にあっているか判断するようにするのが、寝具選びのコツです。

 

 

腰痛は、夜に感じていた痛みが、一晩寝ることで朝には軽減されているというのが大事です。
起床時に最も痛みがあるような寝具は論外なので、寝具の見直しが必要です。

 

 

【上田式】腰痛革命プログラム(DVD)では、腰痛を招く、生活習慣改善編があり、寝具選びはもちろん、パソコン操作、ソファー等でテレビを見る時間、長時間の車の運転、スポーツ、力仕事や長時間の立ち仕事など、腰痛予防に繋がる日常生活の注意点が紹介してあります。

 

薬や手術に頼ることなく、腰痛や坐骨神経痛を根本から改善する方法

 

自宅で簡単なストレッチで腰痛を改善する方法の詳細を見てみる