【上田式】腰痛革命プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが 、東洋医学の第一人者でもある福辻鋭記先生の腰痛改善ストレッチ「福辻式」です。
健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い腰痛が改善されており、自信を持ってお勧め致します。

今なら、返金保証もありますので、一度参考にされて見て下さい。

デスクワークに伴う腰痛に効果的なストレッチ

デスクワークなど慢性的な腰痛に悩む方は、ストレッチや日常生活の工夫で治せる場合が多いことをご存じですか?
実際に腰痛で整形外科を訪れる人の過半数を占めるのが腰痛症と言われています

 

 

このタイプの人は、腰がいつの間にか痛くなり、レントゲンなどの検査をして骨や椎間板等を調べても異常が見あたりません。
S字状の背骨を支えているのは背筋や腹筋などの筋肉なので、言わば腰椎症は、これらの腰の筋肉痛とも言えるでしょう。

 

 

そして、こうした慢性的な腰痛の原因は、日常生活の姿勢に問題があることから姿勢性腰痛とも呼ばれることがあります。したがってこうした慢性の腰痛やぎっくり腰などは、日常生活の工夫や簡単なストレッチをすることで治すことが出来るんですね。

 

 

また、最近は情報通信技術の発達で、オフィスでの仕事も以前とは様変わりし、それによってパソコン業務が増えるなど、ますますデスクワークが増えて、椅子に釘付けにされています。
仕事が効率化されるのは良い事ですが、やはり心配なのが腰痛です。

 

 

実際にパソコン業務をしていると、決まって腰が重くなって痛み出すという人も多いでしょう。
デスクワークが増え、その分歩行が少なくなり、それが姿勢の悪さや体の歪みを悪化させ、そこに疲労やストレスなども加わります。
また、どんなに座り心地が良い椅子に座って良い姿勢を保てたとしても、長時間同じ姿勢を続けること自体が腰痛の原因になるのです。

 

 

デスクやパソコンなど向かって同じ姿勢をとり続けると、背中や腰の筋肉は重力に抵抗する為に緊張を強いられます。そうなると、筋肉は毛細血管が圧迫されて血行が悪くなり、乳酸などの老廃物が溜まってくるんですね。
これは疲労物質とも呼ばれ、周りの筋肉も疲労させるという悪循環を生じさせ、疲労感はもちろん、腰のだるさや重い、痛みなどの慢性的な症状が現れてくるのです。

 

 

そして、このような慢性的な腰痛を防ぐには、姿勢を良くするのはもちろん、仕事の合間に席を立ったりして姿勢を変えるなど、こまめに腰や背中の緊張を和らげることが大切です。
そこで、デスクワークに伴う慢性的な腰痛などでお悩みの方にお勧めなのが、椅子に座ったままで行うストレッチです。

 

 

やり方はとても簡単です。両手を椅子の背もたれに回して軽く組み、体をグッと反らせ顔は上を向けます。この状態を10秒程度維持し、元に姿勢に戻ります。これを2、3回程度繰り返します。

 

 

また、椅子に座ったまま、体を前に曲げて手を床につけ、10秒程度保ち、元の姿勢に戻ります。これも2〜3回程度繰り返すと良いでしょう。
この簡単な椅子に座って行うストレッチを仕事の合間にやるだけでも、背中や腰の筋肉を伸ばして、デスクワーク等に伴う腰痛を防ぎ、痛みなどを和らげることが出来ます。

 

 

腰痛の原因から根本改善する治療法

 

自宅で簡単なストレッチで腰痛を改善する方法の詳細を見てみる