【上田式】腰痛革命プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが 、東洋医学の第一人者でもある福辻鋭記先生の腰痛改善ストレッチ「福辻式」です。
健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い腰痛が改善されており、自信を持ってお勧め致します。

今なら、返金保証もありますので、一度参考にされて見て下さい。

腰痛の痛み止めの副作用

腰痛や坐骨神経痛で整形外科等の病院を受診すれば、まず痛み止めの薬を使う場合が殆どですね。
そして、腰痛や坐骨神経痛等の痛み止めの薬として最も使われるているのが、消炎鎮痛薬を中心にした非ステロイド性抗炎症薬系の薬です。内服薬をはじめ、貼り薬や塗り薬、座薬あどの多くの外用薬があります。

 

 

ですが、どんな薬でも副作用がないものはありません。その為、腰痛の痛み止めの薬を飲むと、すぐに胃が痛くなるなど、副作用が気になる人もいるでしょう。実際に、痛み止めの薬の副作用で最も多いのが胃腸障害です。

 

 

特に高齢者で、慢性腰痛で痛み止めの薬を長く使うようなら、副作用に十分に注意する必要があります。非ステロイド性抗炎症薬は胃の粘膜を荒らしやすく、軽度の場合なら副作用は不快感程度ですが、酷くなると胃潰瘍を起こすこともあります。

 

 

その為、胃粘膜保護薬が合わせて処方さることが良くあります。
原則は、空腹時など胃が空の時は服用を避けて、食後30分以内に飲むようにすることです。
また、座薬は最も速く効くことから激しい痛みなどの急性期に用いたり、飲み薬で胃腸障害などが出やすい方に使われます。

 

 

ですが、胃を通らずとも、吸収されて血液中に入ることで胃腸障害が全く出ないとはかぎりません。
そして、湿布などの張り薬である外用薬は、腰痛で最も良く使われますが、皮膚が弱いようなら塗り薬が、かぶれなどを起こしかねません、

 

 

ただ、塗り薬は、貼り薬よりも効果の持続時間は短くなります。したがって、外用薬は内服薬に比べて副作用は少ないものの、その分、痛み止めの効果も弱いので、痛みが軽い人に向いていると言えるでしょう。
なお、痛み止めの薬は色々な診療で使われるので、使っている薬があるなら必ず医師に伝え、これまでにも痛み止めで胃潰瘍や副作用が出た人は合わせて伝えるようにしましょう。

 

 

薬や手術に頼ることなく、腰痛や坐骨神経痛を根本から改善する方法

 

自宅で簡単なストレッチで腰痛を改善する方法の詳細を見てみる