【上田式】腰痛革命プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが 、東洋医学の第一人者でもある福辻鋭記先生の腰痛改善ストレッチ「福辻式」です。
健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い腰痛が改善されており、自信を持ってお勧め致します。

今なら、返金保証もありますので、一度参考にされて見て下さい。

腰椎すべり症の治療

腰椎すべり症の治療はどのようなものがあるかご存じですか?
そもそもすべり症は、積み木のように縦に重なっている脊椎の並びが前後にずれた状態を言うのですが、腰椎すべり症は加齢などにより椎間板やその関節が変性することによって、腰椎のつなぎ目を骨折などをして不安定になり、腰椎にすべりが起こり、前に出てきてしまう状態です。

 

 

特に第4腰椎が前にずれることが多く、神経を圧迫したり、刺激することで腰痛や坐骨神経痛の原因になり、後ろに体を反らすと、鈍く重いような腰の痛みが強くなるなど症状があり、中高年の女性に多く見られます。

 

 

また、すべりが進行すると、脊柱管狭窄症を起こしやすくなり、脚の痛みや痺れなどの症状が現れて、長く歩けなくなる間欠跛行になったら脊柱管狭窄症を疑う必要もあります。
その為、病院で以前は腰椎すべり症として治療をしていても、症状が進行して間欠跛行が出てくるようになったら、脊柱管狭窄症と言われることが多いでしょう。

 

 

腰椎すべり症の治療は、対症療法を中心に体をきずつけない保存療法で効果がなければ手術を考えるのが基本的な治療です。そして、すべり症かどうかはレントゲンやMRI検査で分かり、消炎鎮痛剤などの痛み止め(ロキソニン・ボルタレン)の投与や,長く歩けなくなる間欠跛行などの症状があるようなら、血管内の血の流れを回復す為に血管を拡張する薬(プロスタグランジン等)が用いられます。

 

 

また、腰の痛みが強いときなどは腰の動きを制約するコルセットをしたりすることや、温熱療法で血行を良くすることで腰痛が軽減することもありますが、強い痛みに対してはブロック注射も行われます。
ですが、これらの保存療法をしても症状が改善しない場合は手術を考えます。

 

 

特に変性すべり症は、馬尾に不具合が起こることが多く、排尿障害や筋肉低下などが起きるなど、生活に支障をきたす場合は手術が必要になるケースが多くなります。
手術では、神経を圧迫している骨を切除し、合わせて元の位置に椎骨を戻して固定します。

 

 

ただ、ご存じのように脊椎には様々な神経が通っており、万が一、神経等を傷つけると、元々の症状が改善するどころか、手足に麻痺が残って一生涯、後遺症に悩まされる可能性があるので、あくまで最後の手段にすべきです。
腰痛の手術は、医師によっては、最後は自己責任で判断くださいという姿勢の病院も多く、ご本人も大変迷われるケースが多いのが実情です。

 

 

かと言って安静にしたり、湿布、痛み止め、マッサージ、ブロック注射、コルセット、牽引、温熱療法等は対症療法にすぎず、原因である悪い姿勢と体の歪みを治さなければ、一時的によくなっても痛みをぶり返すようになり完治することは出来ません。

 

 

なお、慢性的な腰痛がある人は激しい痛みではなく、重い、だるい、何となく腰が痛いという症状などで、何もしないで放置しまいがちですが、これがやがて腰痛すべり症などに悪化してしまう場合が多いので、十分に注意するようにしましょう。

 

 

【上田式】腰痛革命プログラム(DVD)では、どんな腰痛の方にも共通して行うストレッチのエクササイズがあり、それをしっかり行った上で、脊椎分離症や頸椎すべり症の症状別の布団の上などで寝ながら行えるエクササイザを行うことで、より改善効果が高まります。どれも簡単なものなので安心して取り組むことが出来ます。

 

また、脊椎すべり症等で背骨が骨折している場合は手術が必要になりますが、ストレッチ等のエクササイズを行うことで、脊椎すべり症を分離症レベルに戻すことができ、分離症の症状を安定させることも出来ます。

 

薬や手術に頼ることなく、腰痛や坐骨神経痛を根本から改善する方法

 

自宅で簡単なストレッチで腰痛を改善する方法の詳細を見てみる