【上田式】腰痛革命プログラムは人気商品の為、完売致しました。

変わりといっては何ですが、【上田式】腰痛革命プログラムと同等か、それ以上の効果が期待出来るのが 、東洋医学の第一人者でもある福辻鋭記先生の腰痛改善ストレッチ「福辻式」です。
健康雑誌等にも既に数多く取り上げられるなど、多くの方の辛い腰痛が改善されており、自信を持ってお勧め致します。

今なら、返金保証もありますので、一度参考にされて見て下さい。

変形性脊椎症の症状

変形性脊椎症の症状をご存じですか?
歳をとれば腰痛に悩まされる人は増えてきますが、その原因として変形性脊椎症は代表的な病気で、痛みなどの症状が出ないだけで、高齢者の殆どが持っていると言っもいいくらいです。

 

 

そして、誰しもが歳をとれば白髪になるのと同じように、加齢に伴って腰部の椎間板や椎骨も古くなって老化し、慢性的な腰痛を起こします。また、背骨の老化は椎間板から始まり、水分が失われて弾力がなくなって次第に潰れてくるようになり、この変性は20歳代から見られます。

 

 

椎間板が潰れて薄くなってくると、椎間関節がすり減ったりすることで骨棘と呼ばれるトゲのような出っ張りが出て来て、神経を刺激して腰痛(坐骨神経痛)を引き起こします。
この変形性脊椎症の症状としては、特に起床時や動き始めに腰が強く痛むのが特徴です。また、痛みは動いているうちに自然と軽くなってきたり、痛みのせいで動かせる範囲や角度が制限されるようになったり、姿勢が背骨の変形で悪くなることもあります。

 

 

ただ、骨棘が出て骨が変形しても必ず腰痛が起こるというものではなく、基本的には治療は痛み抑える対症療法が行われます。
ですが、骨棘が出来た場所によっては、腰部脊柱管狭窄症を引き起こしたり、変性すべり症、もしくは背骨の変形が進行して変性側弯症が起こることもあります。

 

 

そして、変形性脊椎症から背骨の変形が進んで、高齢者の腰曲りである変性側弯症が起き、立っているのも辛くなってくると、薬では改善することが難しく、変形した腰椎を元の形状に戻すことは出来ません。

 

 

しかし、腰曲りはある日とっぜん起こるものではなく、日頃の悪い姿勢などを繰り返すことで起こるものなので、ストレッチで背筋を伸ばしたり、筋肉を強化するなど、早期の段階から対策をし予防することが大切です。

 

【上田式】腰痛革命プログラム(DVD)では、@慢性腰痛・腰部筋筋膜、A椎間板症・症椎間板ヘルニア、B脊椎分離症・すべり症向けのストレッチのエクササイズがあり、これらを一通り行うことで腰の状態が安定し、変形性脊椎症の痛みなどの症状を楽にすることが出来ます。

 

薬や手術に頼ることなく、腰痛や坐骨神経痛を根本から改善する方法

 

自宅で簡単なストレッチで腰痛を改善する方法の詳細を見てみる